スクールバンク
ログイン/新規登録

東京都立国立高等学校


2023年06月13日

東京都立国立高等学校を訪問しました。

【アクセス】

・中央線「国立駅」より徒歩15分(バス利用なら「国立高校前」下車、徒歩3分)

・中央線「谷保駅」より徒歩10分(バス利用なら「国立高校前」下車、徒歩3分)

【特色】

昭和15年に府立第十九中学校として創立され、昭和23年の学制改革で現校名の都立国立高等学校となって以来、80年を超える歴史と伝統のある全日制普通科高等学校です。「清く、正しく、朗らかに」を校訓とし、これまで幾多の有為な人材を世に送り出してきました。文教地区に位置する落ち着いた環境と自由闊達な校風のもとで、生徒達は日々切磋琢磨しながら充実した学校生活を送っています。
 平成15年度に東京都教育委員会より「進学指導重点校」の指定を受け、以前にも増して質の高い授業、きめ細かい学習指導、丁寧な進学指導を推進して、難関国公立大学や難関私立大学への高い進学実績を上げてきました。ただ、生徒達は、決して勉強だけに偏ることなく、学校行事、部活動、委員会活動、生徒会活動等にも全力で取り組んでいることが大きな特徴です。昭和55年に甲子園に出場した硬式野球部をはじめ、多くの運動部・文化部が活発に活動し、克己心や集中力、心の豊かさを育み、全人格を陶冶していきます。学校行事では、毎年多数の来校者で賑わう「国高祭」(文化祭・体育祭・後夜祭)や、ベートーベンの交響曲第9番をプロの交響楽団の演奏のもとで、ドイツ語で合唱する「第九演奏会」など、極めて高い評価を得ています。こうした行事の企画と運営はすべて生徒中心で行われます。

また、東京都教育委員会の指定事業として、令和3年度から「理数研究校」、令和4年度からは「英語教育研究推進校」にも指定され取組を推進しています。こうした指定事業を活用しながら、国立高校はさらに進化し続けていきます。 

【訪問記】

いまにも降りだしそうな空模様の中、国立駅から歩きます。湿度が高いからか、気温がどんどん上がっていくように感じます。15分ほど歩いて学校に到着。

授業が終わった時間帯なので、金管楽器のロングトーンや運動部の生徒さんたちの掛け声があちこちから聞こえてきます。

受付を済ませて校内へ。

総務部の小鷹先生にお話を伺いました。

すれ違った生徒さんが文化祭の話をしていました。

「そうなんです。開催は9月なのですが準備の真っ最中です。実は既に昨年から準備が始まっています。本校では企画・準備・運営を生徒が行います。テーマを決めたり、演目を決めたりから始まって、3年生全クラスが取り組む演劇は監督も音楽も演者も全てが生徒の手で行われます」

 

昨年から準備が始まっていたのですね。

「本校の生徒たちのすごいところは、そうやって何かに打ち込んでいても、決して学業をおろそかにしないところです。何も言わなくても勉強も一生懸命やっています」

環境もいいですね。

「文教地区だけあって、緑豊かで閑静な地域です。そのような環境の中、部活動も運動系22部、文化系19部とたくさんのクラブが活動しています。クラシックバレエ部といった都立高校では国高にしかない部活もあるんですよ」

新入生勧誘のフレーズに「青春を謳歌」と掲げてあるものがたくさんありました。

今日も皆さん謳歌していることでしょう。

小鷹先生、ありがとうございました。

 

 

 


スクールバンクフェスタ2023参加校